国定公園指定の目的

全ての世代に、国内有数の氷河地形を有する中央アルプスの魅力を発信し知名度の向上を狙いとします。 山岳環境や自然環境保全、歴史・文化などの重要性について理解を深めます。多くの観光客が訪れ、 人の活動の影響を受けやすいので、「特別保護地区」を設定し、希少な自然環境を保護します。さらに、持続可能な利用の促進を図ります。

エリア

木曽山脈ほぼ全域
北部の茶臼山
木曽駒ケ岳
宝剣山
空木岳
摺古木山
大平峠
風越山
その他飛び地

特別保護地区

特別保護地区は、特に優れた景観の地域や特定の動植物、地形地質で特に貴重な地区について指定されており、最も厳格な管理がなされます。
千畳敷カール、濃ヶ池(氷河湖)、ペーブメント等希少な氷河地形のある駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅から北の木曽駒ヶ岳方面地域の特別保護地区ではすべての動植物の捕獲・採取が禁止されます。

自然公園内のマナー・安全対策

– MANNERS –

自然公園は、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図るため、また、生物多様性の確保に寄与するために指定し、保護と利用の両立を図っている地域です。美しい自然環境を未来に引き継ぐために自然公園を利用する際は、マナー・ルールを守り自然環境に優しく誰もが気持ちよく利用できるようにご理解とご協力をお願いします。

登山道などでは危険箇所もあったり、山岳地帯の自然は時には脅威となることもあります。登山は自己責任です。自分の体調体力にあったコース設定をしたり、事前に準備や情報を入手するなど自分の身は自分で守るようにしましょう。長野県では、「自分の力量にあった山選び」するため「信州山のグレーディング」を策定し、また安全に登山するための「長野県登山安全条例」制定及び「登山を安全に楽しむためのガイドライン」を策定をしています。

中央アルプスの楽しみ方

– HOW TO ENJOY –

中央アルプスは長野県南部に位置し、東に天竜川が流れる伊那谷、西に木曽川が流れる木曽谷に挟まれた東西約 20km、南北約 100km に走る木曽山脈の通称名です。特別保護区に指定された標高2600mの千畳敷カールは宝剣岳を中心に2万年前の氷河時代が作りだした地球の造形で高山植物や屈指の紅葉美が眺められ、一部のアルピニストしか味わえなかった大自然をロープウェイを使って気軽に楽しむことができます。
木曽谷に位置する寝覚の床及び木曽田立の滝周辺の地域一帯は山岳部と共通した花崗岩地形の特性を有する地域で、木曽川の水流によって侵食されてできた渓谷地形や多数の滝が分布し、傑出性の高い自然の風景地が広がっています。

観光情報

– SIGHTSEEING –
  • 上伊那地域

    中央アルプスと南アルプスの登山口として親しまれています。中央アルプスの千畳敷やコヒガンザクラの名所として知られる伊那市高遠など、みどころがたくさんあります。

  • 下伊那地域

    飯田市の遠山郷・下栗の里や屈指の景勝地である天龍峡が魅力のエリア。遠山の霜月祭りや新野の雪祭りをはじめ、大鹿歌舞伎や今田人形などの伝統芸能が息づいています。

  • 木曽地域

    中山道に残る各宿場町には歴史ロマンの香りが漂います。霊峰・御嶽山や美しい開田高原、寝覚の床、赤沢自然休養林など、豊かな自然を感じる名勝が魅力的な地域です。

  • 塩尻

    桔梗ヶ原のぶどうで醸すワインが有名なまち。奈良井宿や漆工町・木曽平沢の町めぐり、諏訪湖や南アルプス、富士山を見渡せる高ボッチ高原の自然散策などが楽しめます。

中央アルプス国定公園 ロゴ使用について

中央アルプス国定公園
ロゴ使用について

– LOGO –

中央アルプス国定公園指定記念事業実行委員会では、中央アルプスが国定公園として指定されたことを記念してロゴマークを作成しました。中央アルプス国定公園の誕生を多くの人に周知し、また、親しんでもらうことで、この地域の優れた自然風景の保護と適正な利用に向けた理解の促進を図ることを目的としています。ご利用頂くにあたっては、このロゴマークの適正な使用を確保するために、利用規定を必ずお読み頂き、WEBフォーム・FAX・郵送のいずれかの方法で利用申し込みを届出頂きますようお願い致します。

ロゴ使用に関してのお問い合わせ・連絡先
株式会社アド・プランニング  中央アルプスフォーラム係
TEL.  0265-76-5141  /  Mail.  info@adopura.com

ロゴ使用に関しての
お問い合わせ・連絡先
株式会社アド・プランニング
中央アルプスフォーラム係
TEL.  0265-76-5141
Mail.  info@adopura.com